Navigation : Top / xdmでリモートホストを使う

xdmでリモートホストを使う

リモートからxdmを呼び出す

X端末マシン(d3alr4)もstartxできる状態になっていることが前提 コンソールからrootでログインしたら、おもむろに以下のように入力して みましょう。

/usr/X11R6/bin/X -query d3alr3 
  • d3alr3のxdmが起動したと思います。ここでhogeでログインすると d3alr3のhogeのデスクトップが現れるはずです。
  • うまく動かない場合は、Ctrl+Alt+BackSpace?を 押してXServerを落してください。

chooser使ってホスト選択

X端末マシン(d3alr4)にはxdmの設定がしてありません。 d3alr4も自作の PC/ATで、Linuxが動いている訳ですから、d3alr3にしかログインできないのは もったいないですね。もう少し一般化して、どのマシンの前に座っても好きなリモート ホストへ接続できる方法を考えます。 xdmはXDMCPというプロトコルをサポートしています。xdmには、XDMCPを用いて xdmが起動しているホストをリストアップし、好きなホストを選ぶことが できるchooserと呼ばれるプログラムが付いています。

XServerに-indirectというオプションを付けて起動します。

/usr/X11R6/bin/xdm # /usr/X11R6/bin/X -indirect d3alr4 

こうするといきなり接続せずに、XDMCP Host Menuというのが出て来て、 現在ネットワークにつながっているホスト一覧を表示してくれます。

この手順を自動化するためには、/etc/inittabを用います。

Run xdm in runlevel 5 x:5:respawn:/usr/bin/X11/xdm -nodaemon 

これを以下のように書き換えます。 # Run xdm in runlevel 5

xd1:5:respawn:/usr/bin/X11/xdm  
xd2:5:respawn:/usr/bin/X11/X -indirect d3alr4 

id:5:initdefault: の変更は済ませておいてください。 こうしておくと、起動時に、自動的にchooserが起動されます。 ちなみに、気を付けて欲しいのは、XServerを多色モードで起動する場合、 X -indirectの行に-bpp 16などのオプションもいっしょに付けるということです。 xdmにXServerを起動させている訳ではないので、/etc/X11/xdm/XServersは関係ないのです。