Navigation : Top / samba

samba

Sambaのインストール

samba install

apt-get install samba

smb.confの設定

  • /etc/samba/smb.confの編集
workgroup = 好きな名前
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

# シンボリックリンクのディレクトリの中身を表示
wide links = yes
follow symlinks = yes
unix extensions = no

# 特定のIPだけ接続を許可
hosts allow = XXX.XXX.XX.
 
[home]
writable = yes 
create mode = 0770
directory mode = 0770
share modes = yes 

デーモンの起動

/etc/init.d/smbd restart

Sambaの利用

Command list

smbclient 
testparm 
testprns 
smbstatus 
  smbstatus -d
nmblookup 
  netbiosで使うなまえを問い合わせる.名前解決のチェック 
  例:nmblookup SUIRI#1d(1dはマスターブラウザーを指す) 
  例:nmblookup -A 133.187.156.xx 
make_smbcodepage 
smbpasswdd

Remarks:

設定・接続トラブル

原因を見つけるのは結構難しい.Netbios, lmhostsなど色々

接続できず困った場合にとりあえずやってみること

  1. server/client両側からpingを打ってチェック
  2. samba serverがちゃんと見えているかチェック.samba server名が「SERVE」Rの場合
    • nbtstat -a SERVER
    • nbtstat -a \\10.xxx.xxx.xxx
  3. Samba サーバで利用できる共有サービスの一覧をチェック
    • net view \\SERVER
  4. ドライブを割り当ててみる
    • net use Z: \\SERVER\home
    • ID/PWを聞かれる

Tips

LinuxでSMBプロトコルで接続する

smbfs

mount -t smbfs -o username=ID, password=PW //XX.XX.XX.XX/share /mnt/tmp
or
mount -t smbfs -o username=ID, //XX.XX.XX.XX/share /mnt/tmp

2番目の場合はパスワードがコマンドプロンプトで要求される.

smbmount

smbmount //XX.XX.XX.XX/share /mnt/tmp -o username=ID, password=PW
or
smbmount //XX.XX.XX.XX/share /mnt/tmp -o username=ID

2番目の場合はパスワードがコマンドプロンプトで要求される.

autofs

auto.miscを以下のように設定する.

smbserver -fstype=smbfs,rw,wsize=8192,rsize=8192,username=ID,password=PW    ://XX.XX.XX.XX/share