Navigation : Top / rsh

rsh

サ−バ−側の設定

rsh-serverのインスト−ル(SuSE)

YaST2でrsh, rsh-serverをインスト−ルする. single machine (standalone) 環境でも設定する必要がある.

Firewall, xinetdに関する以下のファイルを設定.

  • xinetd.d/rsh
    • disable = no
  • xinetd.d/rlogin
    • disable = no
  • hosts.allow
    • in.rshd : XXX.XXX.XXX.XXX
  • hosts.equiv
    • XXX.XXX.XXX.XXX

クライアント側の設定

.rhostsにアクセスを許可するサ−バ−名とユ−ザ−名を記述.

XXX.urban.eng.osaka-cu.ac.jp user

hostnameでちゃんと引くサーバー名を記述

動作テスト

クライアント側で

rsh hostname ls

がちゃんと動作するか確認する.

ダメな場合,hosts.allow, iptables, xinetdの設定を疑う.

  • hosts.deny -> コメントアウト
  • hosts.allow -> ALL:ALL

ハマった場合

(1) Ubuntuをバージョンアップしたらrshが動作しなくなった./var/log/auth.logを見たところ,/lib/security以下のファイルが無いとエラーが出ていた.

そこで以下の様にリンクを張った.

ln -s pam_unix.so pam_unix_passwd.so
ln -s pam_unix.so pam_unix_session.so
ln -s pam_unix.so pam_unix_acct.so
ln -s pam_unix.so pam_unix_acc^Cso
ln -s pam_rhosts.so pam_rhosts_auth.so 

ハマり度★★★

(2) connect to address XXX port 544: Connection refused

  • CentOS等は/usr/kerberos/bin/rshがデフォルトのrsh
  • /usr/bin/rshを用いる必要がある
  • 設定の変更
    • mpichのmake
      • ./configure -prefix=/opt/mpich-ifort -rsh=/usr/bin/rsh
    • make
    • make install
  • .bashrcの変更
    • alias rsh='/usr/bin/rsh'

ハマり度★★

関連リンク