Navigation : Top / qpopperの設定

  • The added line is THIS COLOR.
  • The deleted line is THIS COLOR.
APOPの設定 
初めてAPOPの設定をする場合は、以下のコマンドを実行します。 
POPの設定 
* qpopper [#s2e4acc2]

 # popauth -init 
APOPを利用するアカウントのパスワードを設定します。 
** インストール [#q5180286]
SuSE10.0ではデフォルトでインストール済み.
xinetd経由での起動する.

 # popauth -user username (usernameは実際のアカウント) 
 New password:******** 
 Retype new password:******** 
上記を必要なだけ繰り返します。この設定をしたアカウントは、以後APOP以外は利用できなくなります。 

設定後、以下のコマンドでqppoperを再起動します。 

 # /etc/rc.d/init.d/init restart 

[inetd の場合] 
/etc/inetd.conf を編集します. 


pop-3 から始まる行があれば以下のように変更します. 無ければ新たに書き足します. 


 pop-3 stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd popper -s 


編集が終わったら inetd を再起動します. 

 # /etc/rc.d/init.d/inet restart 


/etc/xinetd.d/popper を編集する.
[xinetd の場合] 
/etc/xinetd.d の下に下記内容で popper という名前のファイルを作成します. 

 service pop-3 
 { 
 disable = no 
 socket_type =stream 
 wait = no 
 user = root 
 server = /usr/sbin/popper 
 server_args = -s 
 } 



service pop3
 {
     disable      = no
     socket_type  = stream
     wait         = no
     user         = root
     server       = /usr/local/sbin/popper
     server_args  = -s -R
     only_from    = 127.0.0.1 XXX.XXX.XXX.0/24
 }
作成出来たら xinetd を再起動します. 

 # /etc/init.d/xinetd restart 

- /etc/hosts.allow
--  popperを追加


これで qpopper が利用できるようになります. 試しに以下の手順でテストしてみて下さい. 

** 動作確認 [#z4c0962e]
 # telnet 10.174.0.21 110 --> IP アドレスの部分はホスト名でも結構です. 
 Trying 10.174.0.21... 
 Connected to musume.morning.or.jp. 
 Connected to XXX. 
 Escape character is '^]'. 
 +OK QPOP (version 3.1.2) at musume.morning.or.jp starting.    
 <12345.985249139@musume.morning.or.jp>  
 user Gotomaki --> 入力 
 +OK QPOP (version 3.1.2) at XXX starting.    
 <12345.985249139@XXX>  
 user yyy --> 入力 
 +OK Password required for Gotomaki. 
 pass xxxxxxxx --> 入力 
 +OK Gotomaki has 0 visible messages (0 hidden) in 0 octets. 
 . 
 quit ---> 入力 
 +OK Pop server at jean-luc.ayu.or.jp signing off. 
 +OK Pop server at xxx off
 Connection closed by foreign host.