Navigation : Top / Research / GAs-exchange and Physical Modeling of Wind Wave Project 2006

Sorry. This page is written in Japanese.

GAs-exchange and Physical Modeling of Wind Wave 2006: GAP06

目的

 高風速時の風波境界面における物質移動速度は,大気・海洋境界面における熱,運動量そして物質移動に重要である.本実験では風洞水路内の気相,液相の流速,濃度変化,気泡量を同時計測することにより,風波境界面における物質輸送のメカニズムと組織渦,気泡が果たす役割を明らかにする.

特に以下の現象に注目して研究を進める.

  • Micro scale wave breaking
  • Down Burstのトリガーとメカニズム
  • 気泡,乱流とガス輸送の関係

研究体制

構成

  • 近畿大学:竹原幸生(とりまとめ)
  • 大阪産大:水谷夏樹
  • 大阪市大:森 信人

履歴

  • 2006/4/5: 第1回打ち合わせ(近畿大学にて)
    • プロジェクトの方向性を確認
    • 次回までにMicro scale breaking(水谷), Down burst(竹原),Bubble and gas transfer(森)がパートについてターゲットと計測方法の具体化を図る.

手法

手法の概略

  • 気相 Super Resolution PTV
  • 液相 Super Resolution PTV
  • 濃度 2 Color LIF
  • 気泡 Bubble-PTV

機材

  • 高速度カメラ
    • 近畿大学:1台
    • 大阪市大:3台
  • CCDカメラ(ES1.0)
    • 近畿大学:1台(10bit),1台(8bit)
    • 大阪産大:2台( 8bit)
    • 大阪市大:2台(10bit)
  • レーザー 1台(大阪市大)
    • 近畿大学
      • YAG DP 15mJ
      • 連続光 8W (532nm)
    • 大阪産大:2台(10bit)
      • YAG DP 150mJ
    • 大阪市大
      • 連続光 5W (532nm)

条件

アウトプット