Navigation : Top / HDDのフォーマットおよび入れ替え

HDDのフォーマットおよび入れ替え


前書き

/dev/hda: もとのHDD 
/dev/hdb: 新しいHDD 
/mnt/hdb1: 新しいHDDのマウントポイント 

A. HDDのフォーマットおよびマウント:ext2

  1. fdisk /dev/hdbでパーティション作成
  2. mkfs(mke2fsでも同じ) /dev/hdb1でファイルシステムを作成
  3. fsck.ext? -c -v /dev/hdb1でファイルシステムをチェック
     -cを付けると非常に時間が掛かる. 
     ext?は,"2"ないし"3"を入力 
  4. mount -t ext2 /dev/hdb1 /mnt/hdb1

B-1. HDDのフォーマットおよびマウント:ext3

  1. fdisk /dev/hdbでパーティション作成
  2. mkreiserfs /dev/hdbX
  3. tune2fs -i 0 -c 0 /dev/hdxx -> チューン
  4. mount -t ext3 /dev/hdbX /mnt/hdbX

B-2. HDDのフォーマットおよびマウント:ReiserFS

  1. fdisk /dev/hdbでパーティション作成
  2. mkreiserfs -j /dev/hdbX
  3. tune2fs -i 0 -c 0 /dev/hdxx -> チューン
  4. mount -t reiserfs /dev/hdbX /mnt/hdbX

C. データの移動

  1. cd /mnt/hdb1; tar -cf - / | tar --same-owner -xvpf -
  2. /etc/lilo.confを修正してliloを実行
  3. rdev /mnt/hdb1/vmlinuz /dev/hdb1
  4. リブート

vmlinuzはディストリビューションによっては/mnt/hdb1/boot/vmlinuzとしてある場合もあります。 あるディレクトリ(例えば/usr/local)だけを新しいパーティションに移動させてもとの/usr/localの代わりに使うことも可能です。
1-3は同じ
4. cd /mnt/hdb1; tar -cf - -C /usr local | tar --same-owner -xvpf -
5. mv /usr/local /usr/local.old
6. ln -s /mnt/hdb1 /usr/local
7. /etc/fstabに/mnt/hdb1を追加
8. 数日使っていても大丈夫なようなら/usr/local.oldを削除


hdparmによるチューニング

種類 変更パラメーター

  • IDE ( 一般的 ) /sbin/hdparm -c1 /dev/hda 
  • IDE ( 16bitコネクション )  /sbin/hdparm -d1 /dev/hda 
  • IDE ( DMA モード 2 )    /sbin/hdparm -d1 -X34 /dev/hda 
  • IDE ( Ultra DMA モード 2 )    /sbin/hdparm -d1 -X66 /dev/hda <- 不安定? 
  • IDE ( Ultra DMA モード 4 )    /sbin/hdparm -d1 -X68 /dev/hda 

オプション

-c ( 0/1 ) 
   0 ... 32ビットI/Oモードを無効にする 
   1 ... 32ビットI/Oモードを有効にする 

-d ( 0/1 ) 
   0 ... DMA を無効にする 
   1 ... DMA を有効にする 
-p ( 0〜5 ) PIO モードの設定 

-w ( 0/1 ) 
   0 ... 書き込みキャッシュを無効にする 
   1 ... 書き込みキャッシュを有効にする 

-m16 一括読込数 

-a128 事前読込数 

rc.localに書き足す

#!/bin/sh
# rc.local
#
# turn DMA on
echo "setting dma on..."
/sbin/hdparm -d 1 /dev/hda