Navigation : Top / SMARTを使ってHDDモニター

SMARTを使ってHDDモニター

内容

S.M.A.R.T.(スマート:Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology System)は、多くのハードディスクが持っている自己診断機能. S.M.A.R.T.から得られる情報を監視することによって、ハードディスクの故障を未然に防げる可能性もある。

ファイルの入手

apt-get install smartmontools

もしくは,smartmontoolsのWebサイト(http://smartmontools.sourceforge.net/)からファイルをダウンロード

rpm --rebuild *.rpm 

設定

smartctlは/usr/sbin/につくられる.

手動で検査

検査

  • 情報の表示
    • /usr/sbin/smartctl -a /dev/hda
    • /usr/sbin/smartctl -d 3ware,X -a /dev/twa0
      • 'X'が3wareのカードに刺さっているX番目のHDD
  • 検査の開始(2,3分かかる)
    • /usr/sbin/smartctl -t short /dev/hda
  • 検査結果の表示
    • /usr/sbin/smartctl --log=selftest /dev/hda

定期検査

cronで

/usr/sbin/smartctl -s on -t short /dev/hda 
/usr/sbin/smartctl -l error -H /dev/hda 

を週1で走らせチェックする

自動に検査

smartd.confの編集

#DEVICESCAN <--- comment out
/dev/twa0 -d 3ware,0 -a -s L/../../2/01
/dev/twa0 -d 3ware,1 -a -s L/../../2/02
/dev/twa0 -d 3ware,2 -a -s L/../../2/03
/dev/twa0 -d 3ware,3 -a -s L/../../2/04
  • -a
    • = -H -l error -l selftest

rc.dで自動に起動

ln -s ../init.d/smartd S99smartd

Link