Navigation : Top / RRDtoolを使って稼動状況をモニター

RRDtoolを使って稼動状況をモニター

内容

稼働状況をhttpを使ってモニターできる.

ファイルの入手

インストール

RRDtoolのインストール

rpm --rebuild rrdtool-1.0.40-1.7.2j.src.rpm 
rpm -ivh rrdtool-* 

・RRDtool の生成する HTML ファイル等の格納先ディレクトリを作成します.

RRDtoolの結果を図化するソフトHotSaNIC(perl)をインストール

ダウンロード

http://hotsanic.sourceforge.net/archive/

インストール

/usr/localで展開するだけ.

cd /usr/local/HotSaNIC 
# ./setup.pl 

設定は対話式で行われ,質問に答えていく

全体の設定

HotSaNIC 全体に関する設定ファイルである "/usr/local/HotSaNIC/settings" ファイルを修正します.

変更前                   変更後             備考 
BINPATH="not configured" BINPATH="/usr/bin" RRDtoolのインストール場所 
WEBDIR ="not configured" WEBDIR="/home/httpd/html/rrdtool" Web ページの格納先 

個別モジュールの設定

・modules/sensorにあるセンサーモジュールを変更(settingを編集)

SENSOR=/proc/sys/dev/sensors/as99127f-i2c-0-2d/temp1,mbtmp,MB temp,3,1,0,度
SENSOR=/proc/sys/dev/sensors/as99127f-i2c-0-2d/temp2,cputmp1,CPU1 temp,3,2,0,度 
SENSOR=/proc/sys/dev/sensors/as99127f-i2c-0-2d/temp3,cputmp2,CPU2 temp,3,2,0,度
SENSOR=/proc/sys/dev/sensors/as99127f-i2c-0-2d/fan1,fan1,FAN1,3,1,0,RPM 
SENSOR=/proc/sys/dev/sensors/as99127f-i2c-0-2d/fan2,fan2,FAN2,3,1,0,RPM 

実行

・HotSaNIC のインデックスページを作り,手動で RRDtool を実行し,一度データを取得します.

# /usr/local/HotSaNIC/makeindex.pl 
# /usr/local/HotSaNIC/rrdtimer -i 

・表示されていることが確認できたら,次に手動でデーモンモードで起動し,グラフが自動更新されるかを確認します.

# /usr/local/HotSaNIC/rrdgraph start 

エラーが出ていなければ,起動成功.

テスト

# /usr/local/HotSaNIC/diagrams 
# /usr/local/HotSaNIC/convert.pl 

・起動時に動作するようにする 以下の行を,/etc/rc.d/rc.local に追加してください.

# for RRDtool+HotSaNIC 
/usr/local/HotSaNIC/rrdgraph start 

設定およびトラブルシューティング

グラフが表示されない場合

/usr/local/HotSaNIC/log/にあるログを確認.

settingのチェック

IMAGEFORMAT="png" CONVERTMETHOD="I::M"

"Cannot find "RRDs.pm"

perlモジュール版 rrdtool をインストールし忘れている

rrdtoolをソースからインストールする時に、次のように入力
make site-perl-install

rpmパッケージを使っているのなら、 RRDs.pmが正しい場所にインストールされているかを確認する必要があり.

TRAFFIC: unable to update `eth0.rrd': not a simple integer

  • modules/traffic/platform/linux.pm を変更
    • RRDs::update "rrd/$name.rrd",$sampletime{$name}.":".$devin{$name}.":".$devout{$name}."\n";
    • 修正後
    • RRDs::update "rrd/$name.rrd",$sampletime{$name}.":".$devin{$name}.":".$devout{$name};

参考

http://www.tadachi-net.com/desktop_pc/asus_terminator/stat_monitor2.html