Navigation : Top / NIS

NIS

NIS 設定?

共通の設定

必要なdaemonを

  • portmapの起動
    • hosts.allowに記述
  • NISドメインの設定
    • # nisdomainname [ドメイン名]
    • suseではyastで簡単に設定可能

NIS Serverの設定

初期設定

  • /var/yp/securenetsファイルの編集
    • ネットマスクとIPアドレスの組み合わせでNISサーバーに接続を許可するネットワーク範囲を指定
      # 255.255.255.0 160.193.169.x <- subnet指定
      # host          160.193.169.x <- 個別指定
  • suseはyast2で簡単に設定可能

ユ−ザ−の追加

NIS server上でadduserにより追加.SuSEではYaSTを使うと便利. ユ−ザ−の追加後,YaSTでNIS serverのreconfigを行う.

その他

設定を変えたら

cd /var/yp
make

を実行する.

NIS Clientの設定

  • NISDOMAINの設定
    • /etc/sysconfig/networkファイルの編集
      以下の文を追加
      NISDOMAIN = XXXXXX
  • /etc/host.confファイルの編集
    order hosts,bind
           ↓
    order hosts,bind,nis
  • /etc/yp.confファイルの編集
    server xxx.xxx.xxx.xxx
  • /etc/nsswitch.cofnの編集
    • 必要の応じて
  • ypbindの起動

動作テスト

  • ypwhich
    • NISドメインが表示される
  • ypcat passwd
    • ユ−ザ−一覧が表示される

関連リンク