Navigation : Top / NFS / autofs

autofs

内容

  • NFS関係の設定

サーバー・クライアント共通の設定

  • portmapが動作していることを確認  # rpcinfo -u localhost portmap

サーバー側の設定

  1. /etc/exportsを設定
    • 最近のバージョンはsync/asyncを明示しないと警告が出るようになった。
    • クライアントのrootに書き込み権を渡したい場合は(no_root_squash)を付記
      /home neworder(rw,sync) 
      /mnt/cdrom neworder(ro,sync)
  2. /etc/exportsを書き換えたらnfsdを再起動
    /etc/rc.d/init.d/nfs restart
    exportfs -ar
  3. /etc/hosts.allowでマウントを許可する
    portmap: XXX.XXX.XXX.XXX

iptablesの設定

Vine 4.1の場合、iptablesでポートが塞がれているので設定する必要がある。

  • /etc/sysconfig/nfsを新規に作成します。
    LOCKD_PORT=XXXX
    STATD_PORT=YYYY
    MOUNTD_PORT=ZZZZ
  • /etc/sysconfig/iptablesの設定を変更
  • A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp -m multiport --dports 111,XXXX,YYYY,ZZZZ -j ACCEPT
  • A RH-Firewall-1-INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp -m multiport --dports 111,XXXX,YYYY,ZZZZ -j ACCEPT

パフォーマンスの改善

普段は必要ないが,接続ノードが多かったり,転送量が多い場合に調整が必要な場合がある.

サーバーの起動プロセス数を増やす

  1. /etc/sysconfig/nfsを編集
    # Number of nfs server processes to be started.
    # The default is 8. 
    RPCNFSDCOUNT=16
  2. nfsdを再起動,nfsdの数を確認
    # service nfs restart
    # ps -ef | grep nfs
    root      3402     4  0 10:43 ?        00:00:00 [nfsd4]
    root      3403     1  0 10:43 ?        00:00:00 [nfsd]
    (中略)
    root      3405     1  0 10:43 ?        00:00:00 [nfsd
    やみくもに増やせばいいというものではないらしい.

kernelチューニング

クライアントの設定

  • ちゃんとexportされているのか確認
    showmount -e サーバー名

autofsの設定

$ mkdir /mnt/auto
  1. /etc/auto.masterの編集
    # Sample auto.master file # Format of this file: 
    # mountpoint map options # For details of the format look at autofs(8).  
    /mnt/auto /etc/auto.misc rsize=8192, wsize=8192 --timeout 180 
  2. /etc/auto.miscの編集
    cdrom -fstype=iso9660,ro,user :/dev/cdrom 
    floppy -fstype=auto,rw :/dev/fd0 
    # 
    neworder neworder:/home

うまく動作しなかったとき

サ−バ−側

  • /etc/exportsの内容を変更した場合
    exportfs -ar
  • iptables等firewallを疑う
  • /var/log/messageをチェック

クライアント側

showmount -e [server name] を実行し,確認.

関連リンク

NFS

NFSのパフォーマンス調整