Navigation : Top / MPICH2

MPICH2

前提条件

MPICHとかなり設定が違うので注意。

  • NISがインスト−ル済み
  • NFSがインスト−ル済みで/homeが共有されている.
  • rshがインスト−ル済みでuserからrshが使えることが確認されている.

Install

./configure --prefix=/usr/local/mpich2
make
make install

設定

PATH

mpich2/binにpathが通っていればOK. setenv PATH /usr/local/local/mpich2/bin

bin/mpdbootの修正(rshを使う場合)

   rshCmd = 'ssh'
   ↓
   rshCmd = 'rsh'

mpd.conf

以下のファイルを用意

  • /etc/mpd.conf
  • /home/XXX/.mpd.conf
  • 内容
     secretword=<secretword>
  • アクセス権
     chmod 600 .mpd.conf

check

mpd &
mpdtrace
mpdallexit

エラーが表示されなければOK

mpd.hostsの用意 (MPICHのmachine.LINUXに相当)

例)

localhost
or
localhost: 2 ?????

テスト

テスト mpd

mpdringtest
mpdringtest 100
mpdringtest 1000

テスト mpiexec

mpiexec -n 2 cpi

運用

1台で動かす

  1. mpd &
  2. mpiexec -n 2 ./cpi
  3. mpiallexit

複数台で動かす

  1. mpdbootをノードを起動,X台で並列
    • mpdboot -f mpd.hosts -n X
  2. mpdtraceで確認
  3. mpiexecでノード数を指定してジョブを実行
    • mpiexec -n 6 ./cpi
      • current directoryは考慮されないので,"./"がないとエラーになる
  • 1,2は起動時に実施すれば,ログアウトまで実行する必要無し.

Command

  • mpd &
  • mpdallexit
  • mpdclear
  • mpdtrace
  • mpdboot
  • mpiexec

Trouble

mpdboodがエラーで起動しない場合

  • 以下のファイルがロックされている可能性がある.削除すると動く
    • /tmp/mpd2*

Link