Navigation : Top / ネットワーク共有している場合の表示待ち

ネットワーク共有している場合の表示待ち

共有しているマシンの表示待ちを短縮

Windows2000/XPマシンから同じワークグループ内のマシン一覧を参照するときに,やたらと時間がかかっていらいらしたことはないだろうか。これは,ほかのWindows2000/XPマシンで動作している「スケジュールされたタスク」により共有されているファイルを,操作元のマシンが探しているためだ。以下のレジストリを操作することで,この問題は解決する。

スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び,「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。 HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Microsoft/Windows/Current Version/Explorer/RemoteComputer?/NameSpace? にある,「{D6277990-4C6A-11CF-8D87-00AA0060F5BF}」というキーを削除すればよい. なお,万が一動作が不安定になった場合を考えて,キー上で右クリックして「エクスポート」を選び,適当な名前を付けて保存しておこう